忍者ブログ

空蝉

足りない言葉と溢れんばかりの愛でできています。

掲げた拳の意味を

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

掲げた拳の意味を




*******************************************************************************


テニプリの画像探そうとしたけど、PCの中に使えそうなのがなかった…。
最近ぜんぜんやってないからなぁ。

日曜日に、こまこに誘われて久しぶりのテニミュ行ってきました!
テニミュは見るとやっぱりテンションがあがりますね!!しかも全国立海だし*^о^*
リョーマのキャストさんはずっとやっているだけに、
演技もだけど、身体のバランスのとり方とか流石うまいなぁと思いました。
脚が細いのはみなさんですが、手塚が全体的に心配になる細さだった。
不二君がちっちゃくてかわいかった。ピュア不二^^(といったらこまこに否定されたけど)
仁王君のが、歴代仁王君の中で一番ビジュアルが好きでした。
(私の中で、仁王君は歌とかダンスとか演技とか総合的にマサが断トツなんだけどね!)
そして、柳生がいいキャラしてるなと思いました( *´艸`)
プリンス オブ 眼鏡!プリンス オブ ベンチ!!
幸村くんは、演出とか歌の影響もあると思いますが、漢っぽい幸村くんだなと思いました。
なんか、攻撃的な感じと言えばいいのか。

そして、観劇しながら脳内で真幸妄想してました^p^
幸村君は、真田に「真っ向勝負を捨てろ」と指示して、
真田は渋々ながらそれを受け入れたものの、最後はやっぱり真っ向勝負で挑むわけです。
そこでもう幸村的には思うものがあると思うんですよ。
「3連覇こそが唯一絶対のことじゃないのか」って。
幸村君は、それ以外の信念とか楽しむこととかは捨てるべきだって思ってるから。
そこでさらに、真田がリョーマを覚醒させるために行っちゃって、
心の中ではすごい嵐が吹き荒れていると思うわけです。
でも、リョーマを待ってコートに入らなかった幸村君の心情を思うと、うわぁってなる。
どんな思いで待ってたんだろう。
リョーマをって言うより、自分の知らない真田の想いの結果を待ってたんじゃないかなぁ。
リョーマとの一戦は幸村にとってとても意味のある試合だったんだけど、
リョーマに光が集中している中で戦う幸村くんの姿を見るのはやっぱりつらいです。
1stで青学もライバルズもみんなリョーマを見つめる中、
幸村君をずっと見守っていた立海R陣に胸が熱くなりました。
必死で追い縋って「常勝する、それが掟」みたいな歌詞を歌いながら幸村君がR陣とアイコンタクトした場面がすごい好きでした。今回それがなかったのでちょっと残念(´・ω・`)

テニスがやっぱり好きだなーと思った週末でした(≧▽≦)
家にあるDVDを見返そう^^

PR

コメント

プロフィール

HN:
梗夜
HP:
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
コスプレ・小説書き・お絵描き
自己紹介:
鎖骨と傷は萌ポイントですw

最新コメント

[10/11 みやびっち]
[08/08 浅葱]
[02/11 某みやび氏]
[09/30 井上雅]
[03/04 大学のM☆]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30